上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
Xbox360"善戦"の理由・・ 今後のゲーム業界は?
up4940.jpg
http://www.yukan-fuji.com/archives/2008/08/360.html

さて、今回は「夕刊フジBLOG」の方で、面白いニュースがあったので紹介します。
今後のゲーム情勢なんかが知りたい人は目を通すべきです。

ちなみに年末商戦では、WiiとXbox360の戦いが予想されており、PS3は話にも出てこない様です。
SCEさんには、一度負けというものを味わってもらい、よく考えてもらうことがこれからのSCEのためにも大切なんでしょうね。

※何かと長いので続きを読むから!

内容①
 
 「任天堂に勢いが感じられない。7月の「E3」(米国電子玩具見本市)で期待の新作として発表された『Wii Music』には、昨年冬の『Wii Fit』のようなインパクトがな そんな業界関係者をさらに困惑させているのは、日本ではほとんど売れないと言われていたマイクロソフトの「Xbox360」が、「E3」の後に突如日本で売れ始め、在庫を切らすほどの“珍事”が起きたことだ。家電量販店の関係者は「年末商戦ほどではないにしても、夏はそこそこゲーム機が売れる。でも、なぜXbox360なんですかねえ」と不思議がる。

 マイクロソフトの関係者は「一番の原因は、スクウェア・エニックスがE3で『FF(ファイナル・ファンタジー)13』をXbox360向けに出すと発表したことでしょう。それを受けて、弊社に対する期待が高まったようです。また、バンダイナムコゲームスの人気シリーズ『テイルズ オブ ヴェスペリア』も期待度が高く、この機会にXbox360の本体ごとお買い求めになった方が、かなりいたようです」と話す。

 人気ソフトシリーズを獲得することは、ハードを普及させるための基本戦略だ。

 日本におけるXbox事業のトップである泉水敬ホーム&エンターテイメント事業本部長は以前、「ポストPS(プレイステーション)2を目指す」と語っていたが、「FF」や「テイルズ」の“確保”により、先の発言にも真実味が出てきた。

 WiiとDSでわが道を行く任天堂はさておき、「ポストPS2」を目指しては水面下で激しい戦いが続いている。PS2は依然として人気が高く、昨年も全世界で1373万台を売り上げた。そのため業界内には、「ポストPS2はPS2だ」という笑い話もあるほどだが、普及台数では勝利している「PS3」が予定通り勝つか、それともXbox360がマイクロソフトのお家芸ともいえる粘り強さで逆転勝利するのか、その行方はまだ混沌としている。い。せめて大ヒットシリーズの『ゼルダの伝説』の続編でも発表してくれないと、年末が不安です」



この夕刊フジの記事が、箱〇によりすぎている気がしなくないんですが、
 人気ソフトシリーズを獲得することは、ハードを普及させるための基本戦略だ。
という言葉には共感を得ました。
PS3には、できていないようなことです。
 

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。