上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
中国がインターネット中毒を「病気」として扱うことに決定
iup727495.jpg
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081114_china_internet_addiction/

 お隣の国「中国」で、ネット中毒者を「病気」としてしまうことが決定したようです。
やばいですね。現代はIT社会となって益々便利になっていますが、その反面このような中毒者への厳しい対応?が決定したり、某掲示板で犯罪予告が出たりと、何かと汚点はあるのですね。(病気決定は中毒者のことを思ってなのかもしれませんが)
まあこのような問題をどう解決していくかが、今ネットを利用している我々や自宅警備員が考えなくてはいけないことなんでしょうかね。


【ニュース】中国がインターネット中毒を「病気」として扱うことに決定

China defines Internet addiction | ITworld

病気に分類されるネット中毒の症状は以下のような感じです。

・1日6時間以上ネットに接続している
・不眠
・集中力がとぎれやすい
・ネットにとにかく接続したがる
・ネットに接続していないとイライラする
・ネットに接続していないと精神的あるいは肉体的苦痛を感じる

これらすべてにあてはまると「病気」ということのようです。

中国では既に2005年からこのネット中毒が社会問題化しており、さらにこれらネット中毒患者を社会復帰させるための施設(麻薬中毒患者を社会復帰させるようなアレ)を作ることも計画しているとのこと。



ちょこっとしたら特別企画をやります。
と言っても・・・まぁ・・・。
お楽しみに☆
 

コメント

うわー(;´∀`)
中国行けば俺予備軍じゃないですかww

僕も予備軍w

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。