上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
私の場合一つ目の方法で1GメモリでVistaのメモリ使用率を10%程度削減できました!

たぶんデメリットは無いと思います
(サブに2Gつけたけどメモリはやっぱ2Gないと・・・)

この状態で数百年使ってますがしかし、まったく不具合なし!
がしかし、自己責任で

一つ目
起動用メモリを開放してメモリ使用率を下げる


再起動するとしばらく放置していると見る見るするうちにメモリーが減っていったりしてます
私の場合全体の10%空きました!

この設定で本来アプリケーションの起動用に確保してあるシステムキャッシュを開放する
昔のおんぼろPCの時代はメモリはとても高価だったらしくメモリを有効活用するため

この機能を使うことで、ハードディスクへのアクセスを減らし、その結果システムを効率的に使用できるようにしていました

がしかし、vistaが動くほどの性能のPCではまったく不要らしくこれをするよりは、その分のメモリをあけたほうが高速!

Windowsボタンをクリック
検索ボックスに「regedit」と打ち込んで検索
2009-02-06_173914.png
ヒットした「regedit.exe」を右クリックして「管理者として実行」
左側を「HKEY_LOCAL_MACHIN」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Control」→「Session Maneger」→「Memory Manegement」の順に開く

右側から「LargeeSystemCache」を探してダブルクリック
値のデータを半角で「1」と入力して「OK」をクリック(表記は16進数)
regeditを閉じてパソコンを再起動する



二つ目
I/Oバッファサイズを変更してパフォーマンスアップ


バッファとはデータを一時的に貯めるメモリ領域「バッファ」のサイズを適度に調整すると、PC全体の処理スピードがUPします

CPUがデータを処理する間、ハードディスクはデー夕を先読みしてここで設定するメモリ(バッファ)に貯めます
その容量を設定

割り当てすぎるとメモリ不足を起こします

Windowsボタンをクリック
検索ボックスに「regedit」と打ち込んで検索
2009-02-06_173914.png
ヒットした「regedit.exe」を右クリックして「管理者として実行」
左側を「HKEY_LOCAL_MACHIN」→「SYSTEM」→「CurrentControlSet」→「Control」→「Session Maneger」→「Memory Manegement」の順に開く

右から「IoPageLockLimit」を探しダブルクリック
(もし無かったら右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット)値」をクリックその後「新しい値#1」となるので半角で「IoPageLockLimit」と入力)

表記を「10進数」にして
値のデータにここでは6MBとなる「6000000」と入力して「OK」をクリック
regeditを閉じてパソコンを再起動する



がしかし、自己責任で
Presented by POPSTATION
 

コメント

相互リンクお願いします!

こんにちは~
私は「Torrent ダウンロード」のサイトの管理人リッキーと申します。
この度は御サイト様の「疾風のPC活用法」をリンクさせて頂きました。。。
誠に勝手ではありますが、よろしくお願いします!
もしよろしければ相互リンクお願いします!
http://torrentdownload.seesaa.net/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

  • SEO対策 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  
  • seo
powered by

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。